お見合いから成婚(結婚)までの流れや期間についてお話します

お見合いから成婚(結婚)までの流れや期間についてお話します すみれ会ブログ

入会面談や無料カウンセリングで多いのが、「結婚までどのくらいかかりますか?」という質問です。

お見合いから交際、そして成婚退会までの期間は人によって異なりますが、1年以上かかる方もいれば、3ヶ月で決まる方もいます。

「3ヶ月で結婚される方もいらっしゃいますよ」とお話をすると、「そんなに早いのですか?」と驚かれます。

ここが恋愛結婚とお見合い結婚の違いですね。

普通の恋愛とお見合いの違い

恋愛は時間をかけてお相手の家族構成や趣味、嗜好や年収などの情報を知っていきます。

一方、お見合いの場合はお互いのプロフィールを交換することで、すでにある程度の情報を把握したうえで出会うのです。

よってお見合いでは通常の恋愛と異なり、出会った後からフィーリングや気持ちを確認し育みます。

私の経験では、4か月以上経っても成婚しないカップルは、結局結婚しないまま終わってしまうことが多いように思います。長く交際し過ぎてしまうことによって、お互いの欠点ばかり見つけていくからです。

お見合い結婚の流れと期間【勝負は最初の1か月】

結論を述べると、お見合いから結婚(成婚)までは1か月が勝負です。

1か月の間に一人の方と4回ぐらいお会いしても、まだ「どうしようかな?」と思う気持ちがあるようでは、なかなか前に進みません。

ではどのように進めていけばよいのでしょうか?以下より順序立てて解説します。

1.お見合い【初日】

初めてのお見合いは、とても緊張しますよね。会った瞬間の第一印象はとても大切で、それを理解しているからこそ緊張してうまく喋れなくなるなんてこともしばしば。

たしかに人の印象は最初の7秒で決まると言われますが、お見合いで一番大切なことは「笑顔で始まり笑顔で終わる」ことです。

今日という日をこの人と楽しく過ごそうといった気持ちが大切なので、前向きな気持ちと笑顔で思いやりを持ってお相手と接してみましょう。

誰しも最初のお見合いは緊張しています。よほど嫌でなければ次に会うことがおすすめです。2回目の方がお互いの性格が出てきて深く人柄が判断できるでしょう。

2.交際スタート【デート1~3回目・1か月前後】

仲人を介して、携帯番号の交換があります。

お見合いで気が会った二人が電話やメールでのコミニケーションを図っていき、フィーリングを確かめ親交を深めていきます。

伊集院
伊集院
対面でも電話でも、会話のなかで「忙しい」や「時間がない」は禁句です。皆さん仕事をしながら、真剣に結婚相手を探しています。暇つぶしのお相手をしているのではありませんので、交際になりましたら1か月のうちに積極的にお会いしましょう。

そうすることで、お互いの信頼関係が少しずつ確立していきます。

信頼は会えば会うほど深まるため、せめて最初のうちは間をあけず積極的に会っていきましょう。親睦を深めたあとであれば、こちらから言わずとも自然と仕事の事情などを汲み取ってもらえるでしょう。

またデートの費用はすべて男性が持つのではなく、3回に1回くらい女性がお茶をごちそうしてみませんか?多少恥ずかしく感じる男性もいるかもしれませんが、嫌がられることはありません。むしろ気楽に感じて安心感を抱く方が多いでしょう。

基本的には女性はご馳走してもらうことが多いですが、その際も「ありがとう」「うれしい」など素直な気持ちで表現し、愛嬌と思いやりでお返ししましょう。女性らしい気遣いを忘れないようにしてくださいね。

3回ほどお会いして「この人と一緒になりたいな」「居心地がいいな」といった気持になれるかの線引きが重要です。「どうしようかな?」と考えているようであれば、あまり良い結果がでないでしょう。

3.お互いの気持ち確認【デート4~6回目・2か月前後】

信頼を得たあとは愛情が芽生え育っていきます。お互い「いい人だな」と確認し合えるようになったら、次のステップに進みましょう。

男性は女性に「結婚を前提にお付き合いしてください」と意思表示をします。改めて伝えるのが恥ずかしいと感じる方もいるかもしれませんが、このような節目節目の言葉は女性からしたらとても大切なことです。むしろ期間が短いからこそ、伝えるべきことは省略せずに伝えたほうがよいでしょう。

女性も男性の気持ちに答えるなら「こちらこそよろしくお願いいたします」としっかり返してください。それによって男性は責任感が生まれ、二人で結婚に向けて歩みだします。

4.両親や家族に紹介【デート7~10回目・3か月前後】

お互いの両親に挨拶し、「結婚を前提にお付き合いしている」ことを報告します。

二人が好き同士になるだけでなく、お互いの両親が喜んでくれる様子を見ることで、最高の安心感を得て上手くやっていく自信がつくでしょう。

家族に見守られ理解と協力が得られることによって、二人の関係はさらに深まっていきます。今まで以上に触れ合いを持つことで「好き」といった気持ちが深まり、通常の恋愛と比較しても遜色ない想いをお相手に抱けます。

5.プロポーズ・婚約【3か月〜半年】

そしてお互いの未来に向かっての約束、プロポーズをします。

この瞬間は一生に一度の大切なシーンなので、男性の皆さんは女性が喜ぶような演出でプロポーズの言葉を伝えます。

気持ちを言葉にするのは先述したとおり、お見合い結婚だからこそ欠かせない大切なステップです。女性もプロポーズをお受けした嬉しい気持ちを言葉に表しましょう。さらに二人の愛が育ちます。

ここまでが、早い方だと3か月ほどで実現できます。

出会いの形や結婚の手段でなく「結婚してよかった」と思えることが大切

出会いの形や結婚の手段でなく「結婚してよかった」と思えることが大切

お互いの結婚のイメージを育てることで、これからの人生に喜びと助け合う気持ちが強くなり、「結婚してよかった」と幸せに浸れるでしょう。

すみれ会では、「小さいことの積み重ねが幸せにつながる」を合言葉に婚活を進めています。

私たち仲人は二人の間に立ちながら、一生懸命背中を押すのが仕事です。

成婚退会の先にある幸せな結婚が、仲人という仕事のなかで一番の誇りです。一緒に幸せになりましょう。きっとあなたに合ったお相手が見つかりますよ。

★☆★・☆★☆・★☆★
お気軽にお問い合わせくださいね。
無料相談受付中!

仲人直通TEL : 090-8746-6690

コメント