どうすれば結婚できるの?大事なのは「発想の転換」です

どうすれば結婚できるの?大事なのは「発想の転換」です すみれ会ブログ
どうすれば結婚できるの?大事なのは「発想の転換」です

現在2021年の4月末、都内ではまた緊急事態宣言が出る話が出ています。

新型コロナウイルスの感染拡大により「オンライン〇〇」や「テレワーク」といった、今まで聞きなれない言葉もすっかり馴染んでしまいましたね。

ただ、このような世の中にあって、結婚相談所の門をたたく結婚適齢期の人たちが多くなりました。

女性
女性
一人は寂しい。誰ともしゃべることがないし、一人で食べる食事の寂しさもヒシヒシと感じます…誰か良い人、いませんか?

そのように考えて、こんな時代だからこそパートナーがいることのありがたみを痛感するのです。

どうすれば結婚できるのか、という点についてお話します。

大事なのは発想の転換

相談所はお金もかかります。また、自分が選ばれないだろうと最初から決めつけて、諦めてしまう人も多いです。

とくに今は、コロナ禍よりこれからの生活に不安を感じて、結婚したいと考えても相談所への入会を最初から検討する人はいないのでしょう。

今日一日生活するのに精一杯で、結婚したり育児をしたり家を持ったり、いろいろ考えすぎて結婚できないのです。

伊集院
伊集院
結婚するために踏み出すこと、そして結婚するために必要なのは、発想の転換です

お金がなくとも結婚をするという風に考えて、頭を切り替えることです。一人より二人というように、一人での生活より二人でのほうが生活コストは安くなります。

自分が落ち込んでいる時は相手に助けてもらい、相手が落ち込んでいる時は助けてあげればいいのです。収入に自信が無いなら人柄で勝負しましょう。数えるべきは有るものであって、無いものではありません。

結婚しなければ分からないことがたくさんあります。結婚しない人やできない人が増えているのは、個人にとっても不幸なことですけれども、集団的にも不幸なことだと思います。

結婚生活という最小の社会組織を通じて、私たちは共同体の仕組みを学ぶのです。愛したり、病気になったり、怒ったり、癒したり。結婚生活ではたくさんの困難や楽しみなどを、経験しながら成長していくのです。

結婚して分かることの楽しみも沢山あります。結婚したいのなら、いつになっても諦めるのは早いのです。

結婚に踏み切れない会員さんの話

お相手と、とても楽しくお付き合いをしている会員さんがいます。

ただ会員さんもお相手もお互い、「結婚する」ということに踏み出す勇気がありません。二人が口をそろえていうことは、「今まで自由気ままに生活したので、生活が変わるのが怖いです」ということ。

結婚すると自分の自由な時間が無くなるというのです。

確かに、結婚すると今までのように自由は少なくなります。またお金や時間を好きなように使えたのに、これからは使えなくなります。

それらによって、これからの生活にストレスがたまるのではないか?という不安なのでしょうね。

なかなか結婚を決められない男女にいえることは、「いつまで気ままな生活が続けられることを考えていますか?」ということです。

自由気ままに暮らす幸せには、結婚したら味わえない幸せがあるかもしれませんが、逆も然りです。結婚することにも、自由気ままに暮らしては味わえない大きな幸せがあります。

とくに年齢を重ねていくと、パートナーがいることの幸せは大きく膨らんでいきます。

未婚のまま年をとるのはもったいない

未婚のまま年をとるというのは、もったいないと考えています。

一生結婚できない人が増えていて、男性は5人に1人は結婚できないというデータがあります。とくに男性が未婚のまま40歳を超えるというのは問題でしょう。結婚は男性が成長するための最良の機会なのに、それを経験できないのですから。

舞い込んだ「ご縁」を大切にする人は、割と結婚できます。

与えられた状況でベストを尽くすことのできる人は、あれこれ条件を付けないからです。

自分の条件に高望みをしている人は、結婚に難しさを感じてしまうのでしょう。

こちらも発送を転換して、結婚できるマインドを作ることが大切です。

こんな時代でも諦めず、幸せな結婚をしましょう

こんな時代でも諦めず、幸せな結婚をしましょう

繰り返しになりますが、大事なのは発想の転換です。こんな時代だからこそ、妥協せずに幸せな結婚を追い求めましょう。

たくさんの不安がありますが、まずは行動してみませんか?

どんな時代でも、結婚したいと考える人のことを応援いたします。

★☆★・☆★☆・★☆★
お気軽にお問い合わせくださいね。
無料相談受付中!

仲人直通TEL : 090-8746-6690

タイトルとURLをコピーしました